2018年11月06日

経営とはリスクを背負うこと


最近、経営(?)希望者からのオファーが3つあり、それぞれと話をして思ったことがあった。



このことを公開する決め手は昨日の希望者。

齢も40歳前後で個人事業主とのこと。

つまり経営者。

しかし、話を少し聞いて呆れてしまった。

細かな事まで話せないが、要は、自分はリスク取らずに
飲食店の経営をしてみたいという言い分。

もちろん、経費の支払いもする気がない様子。

経験を聞くと、学生の時に1年程アルバイトしたことがあるけど、
全て店長の指示通り動いていただけなので自分で運営は出来ないとのこと。

なので、アイデアは出すけど他はやらない自分を
飲食業経営者にしてくれという自分勝手な都合の申し出。

ちなみに、学生アルバイトでも
センスのある子は未経験の状態から半年もせずに時間帯責任者は出来る。

つまり、この人は学生以下という評価。

時間がなかったので、最後まで話もできなかったが、
バタバタしているうちに挨拶もせずに帰ったので、
まあその程度の気持ちで来たのだろうと判断。




経営とは己でリスクをとること。

そして、飲食店は何をするかよりも誰がするかの方がよほど重要。
(自身の痛い失敗経験より)
posted by 店長 at 17:38| 岡山 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする